読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きんいとじゃん!

日常だったり、備忘録だったり、プログラミングだったり。

勉強と遊びのメリハリが大事

アドベントカレンダー

この記事はOUCC Advent Calendar 2016 - Adventarの10日目の記事です。

はじめに

おはこんばんにちは、金糸雀(@kuhuida)です。

 

さて、いきなりですが、皆さんはどんな娯楽を楽しんでいますか?

 

ゲーム、アニメ、読書、プログラミング、スポーツ... 様々だと思います。

娯楽がないと人生やってられないですよほんと。。。

僕は、専らゲーセンに入り浸って音楽ゲームをよくしていたんですが、最近になって新しい趣味ができました。

ダーツのすゝめ

ダーツはご存知でしょうか?知ってる方は多いかもしれませんが、実際にプレイしたことがない人が大半かと思います。

ダーツは約2.5mの距離から以下にようなダーツボードにめがけて矢を投げるシンプルなスポーツです。得点は1点から20点と中央の円部分(25点及び50点)で、中央の黒い部分(画像では赤く見える)がインブル、その周りの赤い部分がアウトブルと呼ばれています。さらに、外枠はダブルエリア、内枠はトリプルエリアといって得点が2倍、3倍になります。例えば、17点のトリプルエリアに入ると、17×3=51点(17トリプル)になります。つまり1投で最大60点(20トリプル)を得点可能ということになります。1ラウンドに3本投げ、この単位でゲームが進行されます。f:id:kanaria157:20161207033849j:plain

ちなみに、僕は以下のようなダーツを使用しています。

f:id:kanaria157:20161207052917j:plain

ゲームのルール

ダーツの主要なルールとして、カウントアップ、01ゲーム、クリケットがあります。

カウントアップは、その名の通り得点を上げていくゲームで、0点から始まり8ラウンド行って合計得点を競います。

01ゲームは、301, 501, 701, 901, 1101, 1501などの種類がありますが、基本的にルールは同じで、301なら301から減算方式で最終的に0にしたら勝ちです。カウントアップと異なるところは、最後に0点に調整しなければいけないというところです。例えば、残り24の時に20トリプルに入れるとバーストとなり、自動的にプレイヤーが交代となり、次の手番が回ってきたときは再び残り24からのスタートとなります。

クリケットは、陣取りゲームで、15, 16, 17, 18, 19, 20, ブルの7箇所の陣取りをしていきます。3回同じところに入れば、そこの陣地を占領でき、占領した陣地に再び入れるとその陣地の得点が獲得できます。相手もその陣地に3回入れた場合、その陣地はクローズされ、両者とも得点できないようになります。最終的に相手の得点を上回り、全ての陣地を取れば勝ちとなります。

ダーツの種類

ダーツには、ハードダーツとソフトダーツがあり、ハードダーツはダーツの矢の先端が金属製で、ソフトダーツはダーツの矢の先端がプラスチック製です。ラウンドワンやネットカフェ、ダーツバーなどに置いてあるのは基本的にソフトダーツで、ハードダーツとは違い矢が刺さると自動的に点数計算してくれます。上記で示したのがソフトダーツで、以下のものがハードダーツです。ハードダーツの矢の先端は金属製の針なので当然危険なのですが、刺さった時の音がとても心地よく割とハマります。

f:id:kanaria157:20161207034022j:plain

なぜダーツを勧めるのか

  • コミュニケーションのツールになる
  • お酒を飲みながらでも楽しめる
  • 体力のない人でもできる
  • ゴミをゴミ箱に遠くから投げて入る確率が上がる
  • 何よりやってみると楽しい(個人的な感想)

 

こんないいことづくめなんて、これはもうダーツ始めるしかありませんね!!!

 

えっ!?

始めるのが怖い!?

ばっかお前...俺がついてるだろ

俺と一緒にダーツライフ

おわりに

この記事を機にダーツに興味を持ったり、ダーツを始めようと思う人がいたら幸いです。わからないことがあればなんでもどうぞ。(なんでも答えるとは言ってない)

 

P. S.

来年のアドベントカレンダーは、留年チキンレースを勝ち抜いた(?)金糸雀の話を執筆しようと思います。乞うご期待!!!